小切手の悲劇を防ぐ術などについて授業しました

小切手などについて勉学しました。小切手が不渡りになると感じ人物に失望を加え、振出人物は取引先などの信頼を失うとともに、銀行との当座ストック売買が停止されます。小切手の不渡りや盗難・失念などの災厄を防ぐ術は、まずは本人望み小切手(自行望み小切手)だ。新規の売買で信頼が無い例などに、自分が振り出した小切手を感じ人のエントリーに応じて売買銀行が振り出す小切手にかえてもらい、それで払うことがあります。こういう小切手を本人望み小切手と効く、銀行が出費人物となるので不渡りのおそれがありません。次は、線引小切手だ。小切手は持ち込み人払いといって、小切手を持参した人物だれにでも原則として払います。したがって、盗難や失念により不明朗に換金浴びるおそれがあります。それを防ぐ小切手として、線引小切手(ノンプロ線引小切手・特定線引小切手)があります。ノンプロ線引小切手は、小切手の外層に2正式の平行線を退くか、その平行線のなかに「銀行」などと記入します。知らないことを知れて良かったです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-oyabare.html

瓦斯調和の規則などについて実践をしていた

化学変移について学習しました。塩化アンモニウムと水酸化ナトリウムを入れます。風船に水をちょい付け加えます。発生したアンモニア水をとかします。ガスが発生しても、全体の質量は変わりません。発生したガスを逃がすと軽くなります。風船がふくらんですとおりは仮にのせると浮力が行ない、質量を正確に図ることができません。このため、発生したアンモニア水をとかしてはかります。たがいに反応するガスの嵩と、その意見によって望めるガスの嵩は、一定の気温とストレスの根本で簡単な整数レートになります(1805時代、ゲイ・リュサック助言)。これをガス意見の原則といいます。一定の気温とストレスの根本では、一定の嵩中にいらっしゃるガス分子の数は、ガス分子の種類に関わらず規定だ。水素2嵩と酸素1嵩が合成して、蒸気2嵩ができます。このようなことを学習しましたが、知らなかったことが多くてタイミングがあれば化学変移についてずっと勉強したいなと思いました。http://xn--nckgu1cyjxdpc5953bnzxg.xyz/