瓦斯調和の規則などについて実践をしていた

化学変移について学習しました。塩化アンモニウムと水酸化ナトリウムを入れます。風船に水をちょい付け加えます。発生したアンモニア水をとかします。ガスが発生しても、全体の質量は変わりません。発生したガスを逃がすと軽くなります。風船がふくらんですとおりは仮にのせると浮力が行ない、質量を正確に図ることができません。このため、発生したアンモニア水をとかしてはかります。たがいに反応するガスの嵩と、その意見によって望めるガスの嵩は、一定の気温とストレスの根本で簡単な整数レートになります(1805時代、ゲイ・リュサック助言)。これをガス意見の原則といいます。一定の気温とストレスの根本では、一定の嵩中にいらっしゃるガス分子の数は、ガス分子の種類に関わらず規定だ。水素2嵩と酸素1嵩が合成して、蒸気2嵩ができます。このようなことを学習しましたが、知らなかったことが多くてタイミングがあれば化学変移についてずっと勉強したいなと思いました。http://xn--nckgu1cyjxdpc5953bnzxg.xyz/