小切手の悲劇を防ぐ術などについて授業しました

小切手などについて勉学しました。小切手が不渡りになると感じ人物に失望を加え、振出人物は取引先などの信頼を失うとともに、銀行との当座ストック売買が停止されます。小切手の不渡りや盗難・失念などの災厄を防ぐ術は、まずは本人望み小切手(自行望み小切手)だ。新規の売買で信頼が無い例などに、自分が振り出した小切手を感じ人のエントリーに応じて売買銀行が振り出す小切手にかえてもらい、それで払うことがあります。こういう小切手を本人望み小切手と効く、銀行が出費人物となるので不渡りのおそれがありません。次は、線引小切手だ。小切手は持ち込み人払いといって、小切手を持参した人物だれにでも原則として払います。したがって、盗難や失念により不明朗に換金浴びるおそれがあります。それを防ぐ小切手として、線引小切手(ノンプロ線引小切手・特定線引小切手)があります。ノンプロ線引小切手は、小切手の外層に2正式の平行線を退くか、その平行線のなかに「銀行」などと記入します。知らないことを知れて良かったです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-oyabare.html