大陸置換説の職場にあたって勉強していました

大陸寸法セオリーに関しまして実習しました。欧州を中心にした風土地図を見ると、大西洋をはさんです両側の海岸線がぎゅっとはまることに気付きます。1912時代に大陸寸法セオリーを唱えたウェゲナーも、このことをもとに考えついたといわれています。ウェゲナー(1880〜1930時代)は、大昔には世界中の大陸が合計ひとかたまりになっていたって主張し、こういう仮想の大陸を「パンゲア」と名づけました。恋人は、氷河の痕跡の分布や生物の化石の同様性など、さまざまなものを証拠として写し出しました。ただし、大陸を動かすほどの誘因は十分な批評ができず、当時のサイエンティストたちに支持されなかったそうです。1950時世になると地球の磁気の製作が進み、その結果から大陸寸法セオリーが見直されるようになりました。また、第2今度風土大戦中に軍事目的で海底を調べる技術が発達すると、海洋下推進セオリーが提案されました。そのセオリーによると、マントル内側の物質が海嶺でわき上がって初々しい海底がひろがり、海溝からさらにマントルにもどるのです。こういう状況、海嶺の両側の大陸にフォーカスすれば、ぴったり大陸寸法だ。勉強して良かったです。借金返済 無料相談